マンツーマン指導の塾は指導者の経歴や実績が重要?!どんな塾長なら安心か?

子供をすぐ笑顔にしてくれる塾長がいる

塾のタイプとして、集団塾とマンツーマン指導タイプの塾があります。マンツーマン指導タイプの塾は最近増えてきて、集団塾よりもメリットがあると聞いて興味を持つ人もいるでしょう。入塾の案内や体験入学をすると塾長と話をしたり内容を確認したりができます。マンツーマンタイプの指導塾ではいろいろな講師から勉強を教わる可能性があります。その講師陣を束ねている塾長がどんな人かによって、各講師の生徒に対する対応もわかるかもしれません。講師の経歴として、小学校の教諭を経験しているかどうかがあります。小学校では低学年の子供から高学年の子供までがいるので、子供とのコミュニケーションに長けている可能性があります。子供に合った講師の選定や授業の進め方をすぐに見抜いてくれるかもしれません。

勉強を楽しめるよう教えてくれる塾長

子供にとって勉強は重要です。親が子供に対して勉強をしてもらいたいとき、どうしても無理やりになりがちです。宿題をしなさい、本を読みなさい、ゲームは勉強に良くないから控えなさいなどです。するとどんどん子供は勉強が嫌になり、自分からしてくれなくなります。塾のタイプとしてマンツーマン指導タイプがあり、塾長と話をして入塾させるかどうか決める時があります。塾長が直接教えてくれる機会は少ないでしょうが、塾長の考えが講師に伝わるでしょうから塾長の考えを確認するのは大事です。学長の経歴として、ボランティアサークルなどでの活動がある人がいいかもしれません。勉強を教える力だけでなく楽しんで勉強ができるアイデアを持っている塾長なら、長く続けられるでしょう。