人数も大切!先生1人に対して何名くらいの生徒が理想?

少人数の方がじっくりと教えてもらえる

学校の授業で勉強する範囲は決まっているので、より高い学力を身に付けるためには自分で取り組むしかありません。ただ、自宅での勉強は理解が難しい部分が発生した際、考え込んでしまうと時間を取られることになります。
効率的に勉強を進めたいのであれば、知識のある人から教えてもらうのがベストです。家庭教師は魅力的ですが、費用や相性の面で選び辛い場合があります。それなら、学校のように集団で授業を受けることになる塾をおすすめします。学校の先生と同程度かそれ以上の知識を持っているのが塾の先生です。体育や家庭科などを勉強することはないので、志望先に合格するための知識を集中的に習得できます。
塾を選ぶ場合は、先生1人に対して何人の生徒で授業が行われるのかを調べることが大事です。大人数よりも少人数の方がじっくりと教えてもらえます。

5名程度ならそれぞれにじっくりと教えてもらえる

塾で授業を受ける際の生徒の人数は多くても10名を限度にしましょう。それ以上になってしまうと、先生は生徒1人1人に教えられる時間が限られます。自主性は重要なのでわからない部分は積極的に質問すべきですが、先生から気にかけてくれる方が生徒は楽ですし、頼りやすくなります。
理想的なのは2人や3人というかなりの少人数ではありますが、5名程度なら先生はそれぞれを十分に見ることができるので、塾を選ぶ際の条件の1つにすると良いです。
ただ、少人数で授業を受けられるのは魅力的ですが、利用するかどうかは料金も含めて考えるべきです。金銭的に余裕がある場合は、高い料金だったとしても積極的に少人数制の塾の情報を集めて選びましょう。